入院中のサポート

食事介助などの介護サポート

入院中の食事介助や排泄介助などの介護サポート

《 病院内で行う介護サービス 》
病院へ入院することで、24時間の治療を目的とした身の回りのケアを受けることができます。しかし、身の回りの介護について手厚い介護サービスを受けることができるとは限りません。あくまで病院は治療が最優先され、生活の視点にたったケアを行うことが難しいためです。
例えば、これまで食事を自分の手で食べれていた方が、入院により認知症が進行し、箸を持って食事を食べる動作を忘れてしまい一人で食事が食べれなくなってしまったとします。さらに、食事介助に時間がかかると判断されてしまうと、食事の提供が中止されてしまうことがあります。この時、食べられるようになるまで食事の提供はされないため、食物を飲み込む機能もどんどんと衰えていきます。こんなケースの場合に、食事介助を行うために、プライベートヘルパーをご依頼いただくことで、介護の資格を持ったプロの介護ヘルパーが、ご家族や病棟の看護師に変わって介護サービスをご提供いたします。
病院での身の回りの介護に物足りなさを感じた方へオススメのご利用方法となります。

《 入院先の病院との連携 》
病院で、外部の介護サービスを利用するためには、病棟との看護師との連携が必要になります。病院でのサービスと当社のプライベートヘルパーサービスとがうまく連携し合うことで、入院中の生活の質を向上させることができます。
実際のご利用ケースでは、病棟の担当看護師と情報の共有や提供するサービスの役割を分担し、とてもスムーズに質の高い介護サービスを提供できた事例もあります。
当社のプライベートヘルパーサービスは、専属のサービス担当スタッフが現地でのマネジメントを行います。病院や病棟看護師との連携やサービスのチェック、情報の統一と共有などをマネジメントすることで、入院中でもご自宅にいるような安心や快適さをご提供することができます。

PAGE TOP